2017年9月11日月曜日

「 徳 」でも「 み教え 」でもなくて『 辛抱 』


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


「 徳 」でも「 み教え 」でもなくて『 辛抱 』
万国まで残りなく金光大神でき

今日は教祖様が抱かれた世界救済に必要な「 金光大神 」、その「 金光大神 」になるために必要な要素について思うところを書いてみたいと思います。

教祖様の世界観と私たちのイメージ

まず金光教は教祖様が亡くなられたあとに形作られたもので、ですから教祖様は金光教がどうのこうのではなくて、ひたすらに神様にわが心を向けるご信心をされていました。

最初は身の回りの近い所から。そして、晩年には「世界救済」へと想いは膨らんでいきました。ここを背景として。

「 世界救済 」と言いますと、とても大きなことなのですが、大きさばかりに目を向けてしまうと何がなにやらとボヤけてしまいますし、一体どうすればいいの?となってしまいますが、教祖様が抱かれた世界観はそうではなくて、もっと身近な、もっと手元のことなのではと僕は思っています。

万国まで残りなく金光大神こんこうだいじんでき

教祖さまのみ教え

これがすべてのように思います。

ここで、金光大神こんこうだいじんというのは何?ということですが、これは、教祖様のことであり、そして人助けに生きた( あえて過去形 )『 人 』のことと理解しています。僕もあなたも含まれるということです。ただし、人助けに生きたという条件付き。