2017年6月15日木曜日

右脳で生きることが世界平和につながる=ご信心の世界


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


右脳で生きることが世界平和につながる=ご信心の世界
より多くの時間を右脳の意識世界に向けられたなら……

今日は以前から気になっていたことが、ある記事( 動画 )を読んで( 観て )少しクリアになったのでそのことについて書いてみたいと思います。

まずは別人格を有している人間である私

ある記事とはこちら……脳について研究しているジル・ボルト・テイラー博士が自身が脳卒中になった体験についてスピーチされたものです。

脳学者が語る“脳卒中体験”がすごく気持ちよさそう!? 一切の重荷やしがらみから解放された世界らしい【 外部リンク 】脳学者が語る“脳卒中体験”がすごく気持ちよさそう!? 一切の重荷やしがらみから解放された世界らしい

動画はこちら。

その中で博士は次のように言われています。

例えるなら右脳は並列プロセッサ、左脳は単一プロセッサの機能を持っている、という説明がわかりやすいかもしれません。2つの脳半球は3億の神経線維からなる脳梁を通して通信し合っていますが、それを除けばそれらは完全に分かれているのです。2つの脳半球は別々に情報を処理します。そのためそれぞれの脳半球ではいわば考えることが違うのです。言葉を変えていうと、2つの脳半球はそれぞれ別人格である

「脳学者が語る“脳卒中体験”がすごく気持ちよさそう!? 一切の重荷やしがらみから解放された世界らしい」より

人間というものがそもそも別人格を有している存在であるということ。脳の構造がそもそもそういうものなのだということです。

右脳は「 現在ここにあることがすべて 」、左脳は「 情報を整理し、過去の経験と結びつけて、それを将来の行動へと反映 」と。

その右脳・左脳を行き来しているのが人間なんだよ、ということ。だから別人格が共存している存在というのが妙に腑に落ちたのでした。

よく右脳系人間とか左脳系人間とか聞いたりもしますが、どちらが得意かどうか、どちらが苦手かどうかなだけで、共存しているには違いないと、そう思えたのです。

ここまでは脳の構造から、または知識があれば、そういうことだよねと容易に想像できる人も多いのかと思います。

驚いたのは次の事です。博士は、脳卒中を経験したことで、左脳の働きを失い右脳だけとなり、「現在ここにあることがすべて」が、文字通りすべてとなった体験から感得されたことを言われています。少し長いですが引用します。

私たちは器用な体と2つの認識的な心(左脳・右脳)を備えた宇宙の生命体です。私たちは左脳の働きにより、この世界でどんな人間になりたいのか、どのような存在でありたいのかを選ぶ能力があります。

そして同時にこの瞬間、私たちは右脳の働きにより、右脳の展開する意識世界へと寄ることができるのです。その世界では私たちは宇宙の生命力の共同体となります。私たちを作り上げる50兆もの美しい分子が、世界と一体となるのです、そしてそれは生命力の塊となってあふれているのです。

そうかと思えば、私たちは左脳の意識世界へ戻り、1人の堅実な個人として存在することを選べます。大きなエネルギーの流れや共同体とは別個の存在です。たとえば、私ならばそこでそう認識するのでしょう。「私はジル ボルト テイラー博士であって、有能な神経解剖学者である」と。

このように、私たちの中には、このような、まったく別の2つの意識世界が存在するのです。それら両方が、私たちの中にあるのです。

もし皆さんがそれら2つを選べるとしたら、どちらを選ぶでしょうか。どちらを、どのように、いつ、選ぶでしょうか。

私は確信するのです、私たちがより多くの時間を右脳の意識世界に向けるのならば、平安の地を見つけることにもっと時間を費やすのであれば、世界はもっと平和な場所になるのではないかと。そして私は、これは広める価値のある考えだと思うのです。

「脳学者が語る“脳卒中体験”がすごく気持ちよさそう!? 一切の重荷やしがらみから解放された世界らしい」より