2013年11月4日月曜日

願っても心配してしまう自分


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


願っても心配してしまう自分
願っても心配してしまう自分

願っても心配してしまう自分

人が喜んでいる姿、何とも言えません。御礼を申されている姿、ありがたいことです。

それは……、こちらが願わせていただいているからこそ、余計にそう感じるのだと思いますが。。

以前に、『それは、心の無駄遣い』と、教えていただいたことがあります。

心の無駄遣い……。

神様にお願いした後、「 大丈夫かな 」「 ホントに願いが叶うかな 」という心配にも似た心遣いのことを、心の無駄遣いと表現されていたのです。

心配する時間があるのなら、一層神様に願わせていただくことが大切だということですね。

教祖様は、

願う事は何事も叶わないということはない。金光大神の手続きを持って願え。何事もおかげが頂ける。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

願う中で、ときに心配もしてしまいますが、信心辛抱させていただき、共に歩ませていただいたからこそ、御礼のお届けがより一層、喜びに変わるのでしょうね。

この喜びこそが、人間の「生き甲斐」なのでは。そんなことを思います。

いかがでしょうか。

あなたにも出来るよ|宗教家の書くブログ あなたにも出来るよ

武蔵小杉の宗教家|LINEブログ 武蔵小杉の宗教家|LINEブログ

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.