2013年11月25日月曜日

まさか、願われていた自分


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


まさか、願われていた自分
まさか、願われていた自分

まさか、願われていた自分

どんなことでも、諦めないこと、人任せにしないこと、そう感じられる心を作らせていただくこと。

これは、自らが願っていくことで、道がついてくることかと思います。

そう、急には変わらなくとも、必ずおかげがいただけると、先導者が、実際に光を見せてあげることも、必要かと思います。

辛抱させていただこう、必ずおかげになるから……。今日出来ることを精一杯させていただいたらそれでいいから。それ以上望まなくていい。願っていこう。御礼申していこう。必ずおかげいただけるから一人じゃない、一緒に、ね

と、苦しまれてる方に寄り添いながら、笑顔で言ってあげられたら、どれだけの人が助かるのでしょうか。楽になるのでしょうか。

教祖さまは、

人を一人助ければ、一人の神である。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

人を助けて神になるお道です。

おかげをいただかれたら、自分の心が、ありがたい心で溢れたら、次はあなたが( 僕が )寄り添っていく側、伝えていく側に。神様からそう願われていると 思います。

誰にでも、です。誰にでもに願われていることかと思います。

更には、その側に立つことで、神様におすがりせねばどうしようもない感覚を感じられるのではと、思います。

イキイキとした、前へ向かう心の中。ありがたいことです

いかがでしょうか。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.