2013年11月22日金曜日

飛ばせていただいている


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


飛ばせていただいている
飛ばせていただいている

飛ばせていただいている

わが身がわが自由にならぬものぞ

教祖さまのみ教え

教祖さまの有名なみ教えであり、何度も何度も反芻している言葉です。

分かっているようで、調子よいときほど抜け落ちてしまう教えでもあります。

「 あれ、うまくいっているな 」「 これは自分でも出来るな…… 」

この考えが浮かんだ時点で神様にすがることを辞退し、自分を信じるという点ではどこかでつながっているのかもしれませんが、何か心許ない、弱々しい生き方に なってくるのではと、感じます。

例えば鳥も同じなのではないでしょうか。

鳥も自力で飛んでいるかのようですが、様々なお繰り合わせをいただいて飛ばせていただいている、と考えるのが妥当なのではと感じます。

全ては与えられたもの。全て同じです。

神様にすがっていけば道をつけてくださること、本当にビックリするような道を整えてくださることも知っていたい大切な要素ですね。

人間として神様にすがれる環境にいながら、すがらない手はないと強く感じます。こちらの想い一つというわけです。

いかがでしょうか。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.