2013年10月27日日曜日

棟梁が二人だと大変!


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


棟梁が二人だと大変!
棟梁が二人だと大変!

棟梁が二人だと大変!

教祖さまは、

日本国中のあらゆる神を、みな信心すると言うが、それはあまりの信心じゃ。

人に物を頼むにも、一人に任すと、その人が力を入れて世話をしてくれるが、多くの人に頼めば、相談に暮れて物事はかどらず。大工を雇うても、棟梁がなければならぬ。草木でも芯というたら一つじゃ。神信心もこの一心を出すと、すぐおかげが受けられる。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっている。

夫婦の話。夫婦は他人の寄り合いです。宗教が一緒とは限りません。

どちらかが無信仰で「何でもよい」なら、話は早いのですが、互いの一生懸命、熱心に別の宗教を、神様・仏様をご信心されている場合、お願いして 折り合いをつけないと、と強く感じます。

それぞれは良いとしても、たとえば子をいただいたとき必ず子は迷いますでしょうから。

金光教では、子孫繁盛家繁盛しそんはんじょういえはんじょうを教えるご信心です。

広く大きく考えてみて、子々孫々が、助かるための、迷わないための、祈り、願い、行動が必要に感じます。

そうは言っても……難しいのかもしれませんが、自分で出来ないのならなおさら、神様にすがっていきたく思いますね。

いかがでしょうか。

あなたにも出来るよ|宗教家の書くブログ あなたにも出来るよ

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.