2013年10月24日木曜日

聞き手、読み手によって


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


聞き手、読み手によって
聞き手、読み手によって

聞き手、読み手によって

どんな話でも、聞き手、読み手によって内容自体が大きく変わってしまいます。

万人に受ける話は難しく、良かれと思って話したことも、複数人の前でのお話しは、違う立場の人が聞けば全く違う内容に聞こえてしまったりするものです。

その意味では誤解を招くことも多々あります。

金光教内では有名な話ですが、教祖さまは、お酒が飲めない氏子に対して一杯ずついただくがよいと言われ、お酒の好きな氏子には酒は呑まれるから、酒は飲まないがよいとおっしゃられています。

その人その人が立ち行くために、ときには逆のことを言うわけですね。

時間はかかれども、この姿勢で、相手に、そして自分に向かっていきたいと思います。

自分自身でさえもそのときそのときで、全く違った顔を見せますからね。

どうしても、複数人の前でお話しする機会もありますので、お願いしながらですが、一人一人の立ち行きを願いながら、です。

いかがでしょうか。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.