2013年10月11日金曜日

一番恐れる対象


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


一番恐れる対象
一番恐れる対象

一番恐れる対象

どうにも出来ない心

自分の心でありながら、うまくいかないし、思う通りに想ってくれない、そんな歯がゆい気持ちは誰にでも、あるのではないでしょうか。もちろん僕にもあります。

こう思えたら良いのに、あんなことも言わなければいいのに、と。

ですから、自分というものが、一番分かっているようで、一番恐れる対象にもなるのかと想います。

何をしでかすか分からない、その司令塔、それが自分の心。

神様に心向ける中で、嫌と言うほど、分からせていただいております。自分、自分、自分……

どうすることも出来ない、ましてや、何をしでかすか分からないから、恐ろしいから、お願いもし、お祈りもし、今日も一日無事に、と。

その積み重ねで、神様の信頼も篤くなり、ちょっとやそっとではぐらつかない、人間にさせていただけるのかと思っています。

神様とつながることで、絶対的安心が生まれ、ぐらつかせないのだろうと思います。

けれども、人間は脆いものですから、どんな外力で、いつ何時どうなるやも分かりません。それが実際かと思います。

教祖さまは、

おかげは和賀心わがこころにあり

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

幸せの要因は、周りにはなく、わが心にあって、で、安心にも不安にもなるのですね。

どんなことをしでかすか分からない自分を、わが心を、ご信心させていただいて、しっかりつかまえさせていただきたいと思っております。

いかがでしょうか。

亡き祖父の教え「 ある家族の助かり 」より⑩|宗教家の書くブログ 亡き祖父の教え「 ある家族の助かり 」より⑩
 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.