2013年10月1日火曜日

若先生お話しシリーズ


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


若先生お話しシリーズ
ここはどういう場所?

ここはどういう場所?

金光教の教会にはお広前ひろまえと呼ばれる場所が必ずあります。

お広前とは、信奉者の願い礼場所・信心の稽古場所と、教えられています。

また、教祖さまは、

世界中が広前である

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

どんな場所でも、願っていくことです。そのことに意味がある。何事も稽古が大切なのでしょう。そして続けるのは、何でも大変なことですが。

ところで、なぜ願うのでしょうか?それは、出来ないからだと僕は思います。実際は出来ているようで出来ていないことも、結構あったりします。

では、出来るとは、どの時点で、と問われたら、考えたりもしますね。今は出来なくても……と。

教祖さまは、

わが身は神徳の中に生かされてあり

教祖さまのみ教え

とも、教えてくださっています。

生かされてるのですね。今だけでなく、これまでも、そしてこれからも。

自分の力でやっているようでも、実際は、生かされている前提で、出来る・出来ないも判断してますから。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.