2013年9月26日木曜日

目に見えない世界の理解


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


目に見えない世界の理解
目に見えない世界の理解

目に見えない世界の理解

よく信仰の世界では、目に見える世界目に見えない世界があると、言われています。

( 大概、目に見えない世界が理解できず 信仰への道へ踏み込めないものかと想像します )

そして、毎日を過ごすことでも、どのような気持ちで過ごすかは、自分の心の中での変動であって、周りの人には分からない( 見えない )ことですね。

じゃあ、自分には見えていることなのでしょうか。「 自分のことなんだから分かっている 」そう思っていても……。

もう一つ突っ込んでみます。僕が信仰する中で気付いたことは、この自分の心の変動さえも目に見えない世界だと、そのことに気付きました。教えていただいてのことです。

言われてみて、またそのように意識して生活してみて、「 あ~、そうだな 」と感じることが多いです。

……何でこんなに腹を立てているのだろう

……なぜ涙が止まらないのだろう

これら、目に見えていますでしょうか。

以前はどうだったかと言えば、意識しなかっただけのように思います。そこまで気にも止めなかった。

今日は調子が悪いんだな、とか、それとも、原因を自分以外に求めていたときもあります。まぁ自分にもですかね。

とにかく、これらには何かしらの原因があると思っていて、結果が生まれると。そう信じていたからだと思います。でも違った。

ここを、信仰させていただいて、自分の感情の起伏さえも、自分には分からないことなんだと、気付かせていただきました。

人間が生まれながらにして、どれだけ成長しても凡夫ぼんぷの身であるということを教えていただいたからです。

このことで、非常に心が楽になったと思います。伝わってますでしょうか。

最初から原因ありきで、しっかりやれば結果は必ず付いてくる、この考え方では結果が付いてこなかったときの心の行き場が無くなりやすくなる、そう思います。そう思っただけでも辛くなりますね。

この凡夫の身である自覚は、知らない人からすれば目に見えない世界なのかもしれません。

これらも意識しなければ、別に見なくて良い部分ですから、原因が分からず苦しまれている方、原因が分かっていても、どうしようもなく途方にくれている方。

いかがでしょうか。どうぞご信心を。

亡き祖父の教え「 ある家族の助かり 」より⑨|宗教家の書くブログ 亡き祖父の教え「 ある家族の助かり 」より⑨

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.