2013年9月10日火曜日

相手の身になって(出来るかぎりで)


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


相手の身になって(出来るかぎりで)
相手の身になって(出来るかぎりで)

相手の身になって(出来るかぎりで)

その人の身になって聴き、一つでも神様のお話をさせていただけ

ある先生からいただいた言葉です。最近、実践させていただいていることです。はい。

金光教での御取次( おとりつぎ )……聴かせていただくのですが、取次者とりつぎしゃである僕が、何か喋ろうとしてしまう、そして何かまとめようとしてしまうときが多々ありまして。

その言動を、グッとこらえて、冒頭の言葉を思い起こし、頭に浮かんだ言葉を一旦飲み込むようになりました。

後で考えると、言わなくて良かった~と思うこともほとんどで。

それでも、イエス・ノー・その他答えを問われたならば、答えなくてはなりません。よくよくお願いしながらではありますが。

教祖さまは、

神信心も手習いも同じこと、一段一段進んでゆくのじゃ。にわかに先生にはなれぬぞ。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

一段一段、一人一人。大切な神様の尊い氏子です。そのような気持ちで、今日もどうぞ。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.