2013年8月31日土曜日

いじめ


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


いじめ
いじめる側も、いじめられる側も……

いじめ

『 子どもに「 ホームレス 」をどう伝えるか~いじめ・襲撃をなくすために~ 』という本を読みました。

ホームレスを題材に、いじめがどのようにして行われるのかが書いてありました。

金光教教師となって、いじめ問題を見聞きすると、不思議といじめる側の心が気になってきました。いじめられる方ではなくて。

そんな中、今まで抱えていたモヤモヤとしたものが、この本を読んで、スッキリとしました。

それは、いじめる側も、苦しみの果ての結果なんだと、あらためて気付かされたからです。

よく、いじめられる側にも問題があると言われます。

内気な性格だったり、反対に目立ったり、とにかく協調性に欠けていたり、と。けれど、例え相手に与える影響が大きくとも、いじめる側が100%悪いと、この本を読んで、思えるようになったのです。

その心の葛藤を、吸い上げられたら良いのだと、やっぱりいじめる側も苦しいんだ。でも、決して相手をいじめてはいけない、ハッキリとそう言えるようになりました。

その本には、いじめに加担した方も、心に罪悪感なりを背負って、その後の人生を生きているとも書かれていました。

だから、自分を守るためにも、いじめには加担しないようにと、心底思います。

教祖さまは、

わが心でわが身を生かすこともあり、殺すこともあり。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

いじめる側も、いじめられる側も、苦しみを背負っているのです。これが事実です。

その背景をもって、またそれぞれに、対応させていただきたいと思います。もちろん僕自身も含め、自分事として。

考え方を知って実生活に落とし込んでそして考える|まずは考え方を知るということ|宗教家の書くブログ 考え方を知って実生活に落とし込んでそして考える|まずは考え方を知るということ

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.