2013年8月24日土曜日

日々がさら


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


日々がさら
日々がさら

日々がさら

日々にちにちがさら 』、金光教では有名な言葉です。

現教主が、教祖さまから数えて五代目になります。その二代前、三代金光様が日々がさらと、お言葉残してくださいました。

「 さら 」というのは、新しいという意味。まっさら、とか言いますね。日々が新しい、そのような意味です。

「 なんだ~、そんなこと 」、と思われるかもしれませんが、どこまで知っているのか、そしてそのことにどこまで感謝してるのか、怪しいお互いだと思うのです。特に僕なんか……。

日々がさらと、本気で思えたなら、感謝のし通しではないでしょうか。なぜなら、それはもう、新しいのですから。

新しい今日がやってきた。なんて素晴らしいのだろう。昨日までのことは全部水に流して、ありがたいな、がんばろう、少なくともそう思えるのでは、と。

また月曜日……、会社か……行かないと……。。

僕のサラリーマン時代も、そんな感じ。ただただ、その繰り返しでした。

教祖さまは、

わが心でわが身を救い助けよ

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

感謝して一日を迎えるのか、不足から一日が始まるのか、少し考えたら、どちらがありがたいかが、分かることだと思います。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.