2013年7月4日木曜日

心に潜む落とし穴


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


心に潜む落とし穴
心に潜む落とし穴

心に潜む落とし穴

昨日の記事の『 お役に立つための備え 』の中で、信心する人と、信心しない人では、大きな差があると書きました。

参拝者のお届けの中で、「 信心してこれですか……、はぁ~ 」という、何とも悲しげな言葉も耳にすることがあります。

聴かせていただきながら、こちらの不徳のいたすところ多分にあり、と神様にお詫び申し上げています。ですが、その一方で、助かりに向けて、導いていかなければ、とも強く感じているのです。

「 信心してこれですか……、はぁ~ 」の、その心に潜む落とし穴が、あるのではないかと、フツフツと感じています。

教祖さまは、

これほど信心するのに、どうしてこういうことが、できるであろうかと思えば、信心はもう止まっておる。

これはまだ、信心が足らぬのじゃと思い、一心に信心してゆけば、そこからおかげが受けられる。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

世の中の構図が、加害者と被害者のみに別れてしまうと、発想が窮屈になってしまいます。

「 信心したらおかげいただける 」この想いは大切です。

大切ですが、この想いですと、ややもすると、なぜおかげがいただけないの、それは教会が悪いからだ、先生が悪いからだ、ひいては神様が悪いからだ、とまでいってしまいます。もちろん、教会側の責任もあるとは感じています^^;

心に、被害者意識、そして、自分を正当化する防衛本能のような意識が働けば、たちまち非を他に求め、おかげがいただきづらくなるのでは、と感じさせていただきました。

どっちがどうではありません。お互いにです。

歩み寄りながら、子々孫々につながる末の助かりに向けて、気持ち新たに、邁進していきたいと思っています。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.