2013年4月15日月曜日

心を向ける対象


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


心を向ける対象
ここにキャプション

心を向ける対象

思い込みというもの。これぐらいは分かってくれているだろう的な、この人ならば的な。

結果は、分かってくれてやいないし、だから動いてもくれない。そのことに腹が立つし、それが苦しむ元になったりで。

この話を聞いて、どちらに問題があると思われますか。

教祖さまは、

腹立て苦をするなよ

教祖さまのみ教え

と、教えてくださいました。

教祖さまの教えからすれば、どこまでも腹を立てた人なのだろうと思います。

分かってない人でなく、思い込んだ人でもなく、腹を立てた人なのだろう、と。

何事にも、腹を立てない稽古が必要ですね。何を思い、どう行動するのかも、それはそれで良いとして、現れた事象に腹を立ててしまうかどうかなんだろうと思うのです。

おかげは和賀心わがこころにあり

いつでも・どこでも・どんなときでも、自分の心( わがこころ )が、やわらぎ、よろこぶ心になれますように。

それにはまず、人に心を向けずに、神様に心を向ける必要があるのだと思うのです。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.