2013年3月16日土曜日

お礼申して、お願い申して...


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


お礼申して、お願い申して...
お礼申して、お願い申して...

お礼申して、お願い申して...

理解出来ない苦しみがあります。理解出来たらどんなに楽だろうかと思います。そして、理解してくれたらどんなに楽だろうか、と。

楽……。楽な方向に、本当の助かりはないとは既に感じているのです。なぜなら、それは楽だからです。

自分が都合のよいように事をすすめること。都合がよくないから合わせてよ…、逆に、周りと合わせなければいけないから…、そこに助かりはあるのでしょうか。何かにフタをしている以上、それはないと思います。

だからこそ、お取次とりつぎをいただきながら、考えて、考えて、試行錯誤を繰り返すのです。

苦労しがいのある苦労をと、教えられています。若い時の苦労は買ってでもしろ、なんてことも言われていますね。次は、亡き祖父の言葉です。

この方の道は、話を聞いて助かる道。只お願い信心では自分の本当の姿は分からん。

信心の基礎は、四十代迄に築き上げねば、生涯、真の幸せは確保出来難し。

「 心の助かり 」こそ御身の宝なり。

暇を作ってお話聞きなさい。

亡き祖父の言葉

思い込むのはよいですが、思い詰めてしまっては、元も子もありませんね。現実逃避と受け取られる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが僕の身の丈でもあります。

そんなときこそ、思い悩んだときこそ、基本に立ち戻れるように。日々の積み重ねが大切と思います。

今日ここまでのお礼を。神様にお礼申して、お願い申して。お礼申して、お願い申して……。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.