2017年3月13日月曜日

代参ではなく当事者


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


代参ではなく当事者
勧学祭かんがくさい=新入生・進級生をお祝いするお祭りです。では、親は?

今日は最近気付いたことについて書いてみたいと思います。

あるお祭りの意味を考えていたら……

昨日、とても大きな大きなことを気付かせていただきました。僕にとって。

というのも、事あるごとに、祭典の意味合いを考えるようになったのですが、毎年春に行う「 勧学祭かんがくさい 」についてのことです。

勧学祭、字の通り、新入生・進級生をお祝いするお祭りですので、わりと「 子ども向け 」のお祭りと、自分でも言い続けているうちに、言葉が独り歩きしていたように思います。

そう思わされる出来事が先日ありました。

代参ではなく当事者

で、その勧学祭の意味合いを明らかにして、祭典の内容を考えていたのです。

毎年、贈呈品をお下げするのですが、その贈呈品を今年から子ども【 該当者 】だけに渡すことを徹底しようとなって。

それは、より、子ども【 該当者 】にお参りしてほしいから。「 その日ぐらいはお参りしないと……ね 」という声からのものでした。

実際のお祭りはと言うと、子ども【 該当者 】は部活や塾だで忙しく、親(祖父母も)がお参りするのが通例で、その方たちにはどうしようかとなって、、、

子ども【 該当者 】の代わりに参るから、教会関係者みな、勧学祭にお参りされる親や祖父母のことを「 代参だいさん 」と言っていたのです。というより僕が強く思い込んでいたのだと今思います。

そのことを、ある氏子から指摘されたんです。「 代参って、意味合いが違わないでしょうか 」と。

最初聞いた時、「 えっ?」と思いました。詳しく聴きますと……

「 祭典の意味合いは、子どもたちの新入・進級をお祝いするものですが、親も一緒ですよね。親も子と共に成長させていただくんだよと先生いっつも仰ってるではないですか。もっと言ったらおじいちゃんおばあちゃんだって一緒です。ですから、代参ではなく当事者としてお参りされていると思いますよ 」と。

あ~、そうでした、そうでした。いつもいつも言っております。

ちちははも 子どもとともに生まれたり 育たねばならぬ 子もちちははも

前教主のお歌

おわりに

代参ではなく当事者です。代参と言うから、【 本人の代わりに 】となって、全く意味が無いということはないけれども、意味合いが薄くなる。

そうじゃない。当事者なんです。縁あってその人( 子であり他の人でも )と関わっている以上、当事者なんだなぁと。

当事者なんだから、その人自身の願いであって、お参りになるんだなぁと。

とても大事な気付きをいただきました。知らず知らずに、僕の考えが偏っていたのだなぁと思い知らされた事でした。

いかがでしょうか。

この命、神様に使っていただきたい|ここまでお育ていただかれました。。。|宗教家の書くブログ この命、神様に使っていただきたい|ここまでお育ていただかれました。。。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.