2016年8月10日水曜日

「 あやまれ 」|ある日のお気付け


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


「 あやまれ 」|ある日のお気付け
ここまでする必要はないとは思いますが。。

今日は「 イライラの原因は?」について書いてみたいと思います。

原因は何?

*学院生のころ[ *学院( がくいん ):金光教学院。金光教教師養成機関 ]のはなし。ある学院生と言い合いというか、がありました。

「 具合いが悪い 」「 具合いが悪い 」という彼に、なぜだか「 食べ過ぎか?」とわたしは言ってしまいました。

それには理由があって、いつもすごい食べる彼だったので( 本当に驚くほど食べる )、半ば冗談っぽくそう言いました。

そうしたら、何か癇に障ったのでしょうか、そこから口を聞いてくれなくなりました。無視です、無視。

困ったなぁと思いました。

「 あやまれ 」

人間関係、いろいろとあることは当然分かりますが、そこまで悪いことを言ったとも思えなかったので、無視をされたわたしは「 あっそ 」ってな具合いにこちらも無視しました。

けれども、その彼とは同じ班で、しかも同じ部屋でしたので、何度も何度も顔を合わせるわけです。( ただでさえ全寮制なので狭い世界なのに…… )

どんどんと嫌な気持ちになっていくんですね。何でしょうね、あの人間関係。

そして夜を向かえて、日課としてた教祖さまの奥城おくつき( 墓地のこと )でご祈念をしていると『あやまれ』と胸に響いたんです。はじめは嫌だなぁと思いました。

けれども、ご祈念を終え、部屋に戻りました。当然その彼もいますから、心の整理をつけて「 よしっ 」という気持ちで先ほどのお気付けのとおりわたしは謝ったんです。「 ○○君、ゴメン 」と。

そしたら、彼も素直に話してくれました。なんと、原因は「 頭痛 」だったんです。「 すみません、さっきは頭が痛くて痛くてイライラしてて 」と。

とりあえず一件落着となりました。ここまでのことを神様にお礼申し上げさせていただきました。お気付けに素直に従えたことも。

打ち向かう者には負けて時節にまかせよ

教祖さまのみ教え

おわりに

こういうことってよくあると思います。もちろん、仲違いの理由がゼッタイ許せないことだってあるとは思いますが、その反対に何が原因だったの?というぐらいに、ちょっと話せば済むこと、もしくはお互いに「 何が原因?」ということもあるのではないでしょうか。

そのときは、すかさずに謝ることをオススメします。その相手とどう関係性を築いていきたいのかをよくよく考え、これからも関係性を保ちたいのなら、合ってる間違っているは置いておいて、すかさずに謝ることをオススメします。

結果、何となく、それこそ頭が痛かったから、お腹が痛かったから、だからイライラしていたということも、たくさんあると思います。

戦争も飢餓から始まるといいますし……。

変わる変わるわたしの内側|ご信心させていただけるというおかげ|宗教家の書くブログ 変わる変わるわたしの内側|ご信心させていただけるというおかげ

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.