2016年6月2日木曜日

今苦しんでいる人が渇望しているもの それは受け止めてもらったという自覚ではないでしょうか


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


今苦しんでいる人が渇望しているもの それは受け止めてもらったという自覚ではないでしょうか
受け止めてもらったという自覚

今日はまたまた、受け止めるということについて書いてみます。何度でも書きます。とても大切なことと思います。

自分を受け止めるという作業

苦しんでいる人は大抵自分を受け止めるということが出来ていないのではないでしょうか。

苦しんでいる自分をさらに受け止めるということ、想像しただけでも、もっと苦しくなるような気もしますし。

この自分を受け止めるということ、つくづく「 しなさい 」と言われて出来るものではないなぁということを思わされます。

受け入れられないということは好きになれないということとも思えます。好きなら受け止めようとも思えますしね。

だから、受け入れられないものを受け入れなさいというのは、嫌いなものを好きになりなさいということと同意なのではと思います。しんどいですよね。そんなことがはたして出来るのでしょうか。

受け止めてもらうことで可能に

出来るんです。出来ると信じています。

それは( 自分以外の )人に受け止めてもらうことで可能になります。なりました。受容してもらったということ。

本来であれば産みの親が担う役かと思うのですが、それが形的にも、心的にもどうにも叶わないケースがあるということを知りました。じゃあどうすれば良いのか……

「 親代わり 」ですね、親代わりの対象に、もともと受けるはずだった愛情を受けるということで当人の心も変わってくると思います。

わたしはと言えば今考えても、それほど苦しんだ、という経験はなかったように思います。まぁイジメも受けましたけれども、それも上手くかわしたと思っていましたし。

端から見れば恵まれた進路を歩ませてもらいました。苦しむ要素もそれほど感じない。けれど、わたしの心は次第に苦しくなっていきました。

なぜか……今は、受け止めてもらったという自覚がなかったことが原因だと、ハッキリと理解しています。

親はいるんです。産みの親が、両親ともに。とても優しいです。わたしのことを思ってくれています。それも感じます。でも、わたしの心の中には受け止めてもらったという自覚が生れなかったのですね。

他人の目が気になるあなたへ|受け止めてもらうことで次第に自分を見つめてみようと思えるようになります|宗教家の書くブログ 他人の目が気になるあなたへ|受け止めてもらうことで次第に自分を見つめてみようと思えるようになります

おわりに

受け止めてもらったという自覚、これが今わたしが信心を続けていく原動力になっています。

そして今、苦しんでいる人が最も望むものと確信しております。どれだけ愛情をもって受け止めたかというこちらの問題じゃなくて、苦しんでいる当人が、愛情を受け取る側が受け止めてもらったということをどれだけ感じられるかどうかだと思っています。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.