2016年6月14日火曜日

『 ADHDの正しい理解のために 』という動画を観て|まずは理解から


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


『 ADHDの正しい理解のために 』という動画を観て|まずは理解から
何で……なんで……

ADHDの正しい理解のために』という動画を観ました。感じたことを書いてみます。動画はこちら↓↓8分27秒です。

何で……なんで……

動画の中で「 分かってたはずなのに何で出来ないんだろう 」「 一生懸命やっているのになんでこうなっちゃうんだろう 」という言葉が出てきます。

これらの言葉、また動画の内容を見ていても、他人事ではないなぁと感じます。

周囲の理解と「 理解してもらえている 」という実感と

率直に理解が必要だなぁと感じました。

大学生の友人が「 いいヤツなんだけど…… 」と主人公のことを見ていたり、母親が「 片付けないからこうなる 」と見ていたり、「 なんでコイツは 」「 どうしてこの子は 」と、理解に苦しむというエネルギーを周りから発せられるだけでも当の本人にそれが移り、「 ボクは普通じゃない。どうして?なんで? 」と思いこんでしまうようにも思いました。

これには、周りの理解はもとよりですが、本人として今出来ていることを喜ぶことが必要かと感じます。

わたしもついつい目の前のことに囚われてしまって、その中でも出来ていたことを忘れてしまうことがよくあります。

出来ていたことはほったらかして出来ないことに目を向けブーブーブーブー、また不安になり心配しておりました。そんなとき師にいただいた言葉です。

できたところを喜びましょう。神様は喜んでくださっておりますから。

師の言葉

師も以前に、思うように出来ない自分に「 何で……なんで…… 」と愕然としていたとき、『出来ない出来ないと言っているけれども、それでも出来ることがあるだろうから』と教主金光様の言葉をいただかれ出来ていることを喜ぶ稽古をされたと聞きます。

おわりに

周りの理解と自身の稽古と、両輪で行くことが大切かと思います。

動画の最後のお母さんの表情には癒されました。ホッとしました。もう面接は辞めたと首を降る主人公に対してガッカリするでもなく、「 またここから 」という表情にわたしは見えました。それがありがたかった。

理解されないほど、閉じこもるとおもます。「 普通とは違う 」「 普通とは違う 」と。普通って何なんでしょうね。常に疑問です。

今苦しんでいる方がいただいた命を喜べるものとなりますように。神様にお願いしながら、また理解を深めながら、今日もまたお取次の御用をさせていただきたいと思っております。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.