2016年4月20日水曜日

これまでに わたしがしてきた覚悟|迷うから覚悟できない


こんにちは。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


これまでに わたしがしてきた覚悟|迷うから覚悟できない
「 誰に何と言われようとも 」迷いを去ることが出来れば……

最近よく「 覚悟 」という言葉を聞きますが、どのようなものなのでしょうか。わたしが思う「 覚悟 」について書いてみたいと思います。

覚悟とは?

かく‐ご【覚悟】

  1. 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
  2. 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
  3. きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」
  4. 覚えること。記憶すること。
  5. 知ること。存知。

デジタル大辞泉(外部リンク)

という意味だそうで、この中で興味深かったのは仏語と記されていた「 悟る 」ということでした。ちなみに悟るとは……?

さとる【悟る・覚る】

  1. 表面には表れていないことをおしはかって知る。感づく。 「言外の意を-・る」 「相手に-・られないようにそっと近づく」 「死期を-・る」
  2. 道理を知る。明らかに知る。 「事の重大性を-・る」 「日のあたる所には屹度(きつと)影がさすと-・つた/草枕 漱石」 「天文・暦数によく-・り/今昔 9」
  3. (仏教で)欲望・執着・迷いなどを去って、真理を会得する。悟りを開く。 〔「さとす」に対する自動詞〕

デジタル大辞泉(外部リンク)

ここでも、仏教で、とあります。誰もが知っている仏教、根強いなぁとあらためて思いました。

わたしの中での覚悟?

さて、少なからず、わたしもこれまでにいくつか覚悟をしてきました。金光教の教師になることはもとより、結婚もそうだったように思います。

先ほどの言葉から、覚悟にも悟るにも共通して「迷いを去る 」という表現がありますね。だからやっぱり覚悟をするときというのはいつだって迷っているということでしょう。

まぁ、何かをするにあたって迷いはあるはずですし、裏を返せば迷いがない人などいないと思うのですが。だから覚悟という言葉が存在し、前に前に進むために、何かをさせていただくために、そのような心持ちが必要なのかなぁと思ったりします。

話を戻しまして、わたしの中での覚悟についてですが、まず結婚について。

妻は金光教のことを全く知らずに嫁いでくれました。そのときのわたしの覚悟は、妻と知り合った当時、金光教の後継ぎの道は既に決まっていたのですが、「 彼女が心底嫌がるなら金光教の道も諦めよう 」と彼女を優先した覚悟でした。

けれども、それは金光教の道をすんなり諦めるというのではなしに、精一杯、納得してもらう努力をして、いよいよのいよいよでのこととして、という意味です。

それから二つ目が、学院生がくいんせい( 金光教学院:金光教教師養成機関 )のとき。

騙されてもいいからこの神様を信じると決めた」と覚悟しました。詳しくはこちら。

苦しみ抜いた末のこと|宗教家の書くブログ 苦しみ抜いた末のこと

当時の心境としては、まったく神様というものが分からずに、毎日毎日何に頭を下げているのかも分からず、モヤモヤだけが日ごとに大きくなっていって、そんなときでした。

そして、思い返して、今までずーっと両親が一生懸命されてきた信心だったから……というのが覚悟の決め手でした。

三つ目、師匠をいただくときもそうでした。詳しくは↓

素直に従う中でしかなにもつかめないということ|宗教家の書くブログ 素直に従う中でしかなにもつかめないということ

まだまだ、ほかにも要所要所でいろいろとあるとは思いますが、金光教の教師になる過程で大きな覚悟と感じた3つを紹介させていただきました。

あらためてまとめてみて共通項が浮かびました。どれもに「誰に何と言われようとも」という枕詞がつくように思います。迷いを去るということですね。

おわりに

覚悟が決まらないときは、きまって誰か周りの目を気にしているなぁとあらためて思わせていただきました。気にするから前に進めない。

周りを気にすればするほど「 ああ思われたらどうしよう、こう言われたらどうしよう 」と前に進めなくなってしまい、いよいよ自分で何も決められなくなり、だから覚悟も出来ないのかなぁと思います。

覚悟を一つひとつしていく中で、どっしりとした気持ちにならせていただけるのも、とてもありがたいことだなぁと感じています。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.