2016年2月13日土曜日

【疑いの心について②】疑う心はいずれ恐怖に変わる


おはようございます。須賀院崇徳(@TSugain )です。今日も命をいただきました。


【疑いの心について②】疑う心はいずれ恐怖に変わる
疑い始めると何もかもが疑わしくなり、その心はいずれ恐怖となる

疑うことがあまり良くないことは誰もが知っていることかと思います。

昨日のブログにも書きましたが、疑い始めると何もかも疑わしく思えてくるからかと思います。

今の世の中「 ダマされないために…… 」と疑うことを肯定している面もありますが、そうすると何もかもが疑わしく思えてきて、その心は次第に恐怖に変わるということについて書いてみたいと思います。その対処法も。

人を信じられるようになって、はじめて……

ある先生の言葉です。

人を信じられるようになって、はじめて人間なんて信用しないと言えた

ある先生の言葉

伝わってますでしょうか。

そもそも人を信じたこともない人が、人を信用しないなどと言えるのか。信じる人が出来てはじめて人を信用しないということが理解できた

知らないまま言うことと、知った上で言うことの違いです。

ここで、疑うことと信じることとは意味合いも違うでしょうが、人を信じた上での疑いと、誰も信じられない状況での疑いでは天と地の差があるように思いました。

そう思った理由について書いていきます。

疑う心はいずれ恐怖に変わる

疑うということは可能性( 愛とか信用とか…… )も込めての心の動きですから全部が全部悪いとは思いません。

わたしは「 かもしれない…… 」という余白の部分を大切にしております。

けれども「 かもしれない…… 」と思うことだって、信じる人がいるのといないのでは大きく違うのだろうなぁと思うのです。

そして、疑いはいずれ恐怖に変わると思います。実際変わりました。このとき信じられるものがないということも、とても辛いことと思います。

たった数年前のわたしの心も、誰も信じられずに、疑い、疑い、疑いの疑心暗鬼のオンパレードでしたので。

何もかも疑わしく思えて、心の支えもなく( ただ自分でそう感じていた )、そうすると生きていてもつまらないのです。

これは「 頑張りなさい 」とか、もちろん「 信じれば救われるから信じなさい 」とか、「 お願いしてるからね 」とかいう次元の話ではありませんので。。事実そのような言葉をかけられてもわたしの心には何も響きませんでしたし。あとあとありがたくはなるのですが……

どうすればよいかといえば、やっぱりそのままのあるがままの一人の人間としての存在をただただ受け止めて貰う必要があるのだろうなと思います。

事実、受け止めてもらってきました。

そしてここからは、同じように苦しんでいる人に対して、わたしが実際にされてきたことと同じように受け止めてあげたいなぁと、そう思えるようになりました。良いも悪いもなく、ただただそのままを。

お参りされた方に対しても心からそう思います。このときのわたしの氏子さんの見方は「 かもしれない…… 」という余白の小さな小さな疑いのようなものは感じつつ、けれども根は信じています。一人の人間、神様の御子として。

なぜそう思えるかは、それはわたしが人を信じられるようになったからと思います。受け入れられてはじめて信じることが出来た。この順序も大切です。まず受け入れられることが要る。分かりやすく言うと「 わたしは愛されている 」という実感です。

だから楽です。氏子さんそれぞれの抱えられている悩みはとてもとてもしんどいものですが、一人の人間として向き合いさせていただくわたしの心はとても楽です。

それから「 かもしれない…… 」という余白では、疑いが疑いを呼び何もかも疑わしくなるということもありませんし、根で信じている確信もありますから、それはとても大きいです。

「 本当にしんじてるの?」と、これは周りからでは確認のしようがありませんから、いよいよのいよいよのところまで自分の心と対峙していく必要があるかと思います。神様に見ていただくという具合でしょうか。

おわりに

疑いの心…信じる心…思えば思うほど不思議です。

疑いの心と人を信じる心の関係性について思うところを書いてみました。

つたない経験を聞いていただき何か感じるところがあればありがたい限りです。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)




メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.