2016年2月29日月曜日

心コロコロ変わります。


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


心コロコロ変わります。
コロコロコロコロ変わります。

瞬間に変わる心について書いてみたいと思います。

心コロコロ

心コロコロ変わる、とよく言われます。

さっきまで笑っていたのに、何かの拍子に次の瞬間……腹を立てている。心が変わるには、何かしらの原因があります。あると思っていました。

けれども原因の分からない腹立ち( 哀しみも )が現にあるのです。そのことについて考えてみました。

なんで?

腹が立っているけれども「 なんで?」と思うときありませんか。わたしはよくあります。よくありました。

何か分からないけれどもイライライライラしている。原因が分かれば少しは手の打ちようがあるのですが、分からないからどうしようも出来ない。

この「 なんで?」を受け入れるまですごく時間がかかったものでした。なぜ受け入れられるようになったか。

一つには教祖さまのみ教えを知ったからです。教祖さまは、

わが身がわが自由にならぬことぞ

教祖さまのみ教え

と教えてくださっています。

本当にこの部分を認めてしまうと楽なのです。そう、人間にはどれだけ頑張っても自由にならないところがあるという部分を認めるということです。

何もかも思うとおりにいかない、ということ。これは思考停止ではありません。そういうものだから、と「悟る」というところかと理解しています。

自分は何もこれといって理由がなくても腹を立てるものなのだ、と。( 信仰上ではこのことを「 どうぞ鎮まりますように…… 」と祈りに変えていきます )

おわりに

認める、受け入れるのには神様に心を向ける「信心」が必要だと思っています。

なぜなら心を司っているのが神様だから。神様に心向けることでわが身がわが自由にならないということを受け入れられると思うのです。

信心させていただくようになり大分心穏やかになりました。反対に信心して滲み出てくる今まで積み重ねてきたドロドロとしたものも出てくることもあります。わたしの経験から→見返りありきの信仰|「 神様なんだろ、何とかしてみろよ 」

それも通る道かと今はありがたく思っております。心穏やかだから思えることです。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)




メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.