2016年2月19日金曜日

心が整う4つのポイント


おはようございます。須賀院崇徳(@TSugain )です。川崎市只今の気温6℃、体感としては昨日よりも寒く感じます。


心が整う4つのポイント
お布団にぬかずいてお礼・お詫び・お願いをします。

今日は心が整うわたしが実践している4つのポイントについて書いてみたいと思います。

[基本編] 就寝時・起床時

① 寝る前に一日のお礼とお詫びとここからのお願いをする。

お礼は何はともあれ一日過ごせたことへのお礼です。

そしてお詫びは反省のようなもの。一日を思い返してみてのことです。

そしてお願い

ここから休ませていただくことへのお願いです。ここをアタリマエのように見過ごしていませんでしょうか。

わたしは今まで見過ごしていました。「 あ~やっと終わった 」と何も思わずに布団に入っていました。。

大切なのは「 ありがたい 」とだけで終わらずに「 お願い 」をすることです。「 休ませてください 」と。

② 朝起きたらこれまでのお礼と今日一日のお願いをする。

これまでのお礼とは、昨夜「 休ませてください 」とお願いしたことに対してのお礼です。「 休ませていただけました 」と。それから「 目覚めさせていただきました 」のお礼も。目覚めなければ、それは死ですから。

初めのお願いに対してお礼で結ぶということです。ここを忘れがちですね、わたしもお願いばっかりでお礼を忘れていました。。結ばなかったら願いっぱなしですから。

人にお願いごとをしても「 それからどうなったの 」ということになりますね。神も人も同じことですね。( 神も人も同じことについて以前に書いた記事もどうぞ♪

そして今日一日のお願いをします。「 今日も一日無事で過ごせますように 」と。

[応用編] 何かをする時

就寝時・起床時が基本編とすると、ここからは応用編になります。難しいことはありません。基本に沿ったものです。

③ 何かをする時にここからのお願いをする。

これはもう全てです、、、と言いたいところですが、いきなり全部だとムズカしいかもしれませんので最初は不安に思うことからでも良いかと思います。

たとえばこれからプレゼンがあるとか。今は受験シーズンですので、試験とか。また家を出る度もそうですね、買い物に行くとか。会社にいても会社を出る度や、いよいよは電話を受ける時でも……。

わたしは一日の半分をお結界けっかいという場所に座り、お参りされた方のおはなしを聴かせていただくのですが、まず聴かせていただく前には必ずお願いをしています。

心が整う4つのポイント
お結界から見るご神前。おはなしを聴かせていただく前は必ずお願いします。

つぎで最後です。

④ 何かをした後にこれまでのお礼をする。

コレが一番忘れがちです。そして一番抜かしてはいけない大切なことかと思います。

基本編の②でも言いましたが大切なのは「結ぶ」ということです。

だいたいが終わった瞬間「 ホッ 」としてお礼を忘れてしまうのではないでしょうか。わたしもそうです……。

お願いにあわてて来る氏子は多いが、お礼にあわてて来る氏子は少ない

氏子がお礼に参って来ると、神も喜び金光大神も一層にうれしいが、氏子もうれしかろうが。氏子がおかげを受けてうれしゅうに喜ばぬと神も喜べぬ、とおっしゃったが、皆もおかげを受けて神様に喜んでもらい、自分もうれしゅうにお礼参りのできる信心をせねばならぬぞ

教祖さまのみ教え

おわりに

心が整うわたしが実践している4つのポイントについて書いてみました。

わたしも金光教教師になるための学校に行ってからのことですので、かれこれ8年毎日続けております。続けているというよりは、もう習慣ですね。トイレにいく、歯を磨くような感覚です。

この4つをひとつもいい加減にせず実行すれば次第に心が整ってくることと思います。

出来たらお取次とりつぎをいただき、取次者とりつぎしゃと一緒に進めさせていただくと長続きするかと思います^^一人だとどうしても甘えが出てきますから……。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)




メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.