2016年1月17日日曜日

愛情を感じられないから苦しくなるという事実


こんにちは。須賀院崇徳(@TSugain )です。今日も命をいただきました。


愛情を感じられないから苦しくなるという事実
愛情を受け取って欲しくても……受け取る側の反応に左右されたり……

受け入れるということについてまた思うところを書いてみたいと思います。

受け入れられたとどこまでも感じるには、どこまでも受け入れ続けられていくことが必要

受け入れるということは簡単ではありませんね。

それは自分が受け入れられたと実感したとしても、です。( 受け入れられたと実感すると他人を受け入れられるようになると以前に述べました )

世の中には色々な人がいますから、中には素直な人もいればそうじゃない人もいます。そう思うと簡単ではないなぁと思うのです。

どうしても素直になれない方がいるものです。どうしても良くない方へと受け取ってしまう方がいるものです。それもまた難儀の一つなのでしょう。

どうして良くない方、そのように受け取ってしまうのでしょうか?

受け入れる側と受け入れられる側のこと

まずは、受け入れる側

受け入れようと思っても、自分にとって都合のいいことばかりではありませんので、はじめは受け入れようと思っていても相手の反応次第で余裕がなくなってくることがあるなぁと思うのです。

そのときにこちら側が「 仕方ない、次 」と思わずに、その現状をどれだけ辛抱できるかで変わってくると思います。

ここで信心がありがたいと感じます。それは神様にお願いしながら出来るからです。一人で辛抱するのではないのでやはり信心は楽ですね。

次に受け入れられる側

先ほども書いたようにどうしても良くない方へと受け取ってしまうということですが、これはひとことで言えば愛情不足だと思います。

愛情が足りないばかりに怯えているのです。相手を安易に信じることがないように、そのように感じているのではないでしょうか。

いつだって疑心暗鬼。それこそ信じてしまったら、はじめは良かったとしてもいつ裏切られるかもしれないと心のどこかで疑っている。これは意識的にも無意識的にもあるのではないでしょうか。

条件反射で「 自分しか信じない 」というスタンスで生きられている方も、愛情不足のように思います。

受け入れられた という経験がないから、受け入れられるという未知のことがとてもとても怖いのではないかと思うのです。

信じるというのはどこか怖いもの

師の教え

怖いから反発するのではないでしょう。

損得勘定抜きの善意に対しても、良くない方へと受け取ってしまう。疑いですね。その気持もすごく分かります。私もはじめからすんなりと信じてきたものでもありません。むしろ疑い深いと思っていましたので。

けれども受け入れられてはじめて気付いたことがありました。それが「信じてもいいんだ」という「 アタリマエ 」なんですが、どこかで信じることを怖がっていましたから、やはりこれは大きなことでした。私にとって……

おわりに

受け入れるということは 愛情を受け取ってもらう、愛情を受け取るということです。

これは一時のものでなく一生のものですね。一度信じた、信じられたと思えた人でも、何度でも疑いの心は出てきます。それがその人の難儀性であって、その難儀性を丁寧に丁寧に受け止めさせていただくことが必要だと教えられております。

そのときにはこちら( 受け入れる側/親側 )が傷つけられることも覚悟しなければいけないとそのようにも教えていただいています。この部分が親子なのですね。

親から子への愛情の授受。これが従前になされていれば、子が苦しむこともないのだと思いますが、親と子、人間対人間、そんなにうまくはいかないのが実際です。

金光教の教えはこのように親子の関係をベースにしておりますので、親子の数( ケース )だけ教えが存在するというのもすごく納得できるところです。「 こうだ。こうじゃなきゃいけない 」というのがありませんから。

数ある中でのただ一人の子に対して真剣に悩み・祈り・接していくということ。そういう意味での「 受け入れる 」ということ、です。

やはり親子ですね。関係性は親子から始まるのです。これも道理ですね。その部分を丁寧に受け止めさせていただきたく願っております。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)




メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.