2015年12月13日日曜日

苦しみ抜いた末のこと


こんにちは。須賀院崇徳(@TSugain )です。


苦しみ抜いた末のこと

信じるものは救われる?

「信じるものは救われる」という言葉がありますが、本当にそうだなぁと思います。

けれども信じられないこともある、信じたいけれど、裏切られたら......騙されたら......そんな気持ちが浮かんでくることがある。これが実際ではないでしょうか。




信じるというのはどこか怖いもの

師は「信じるというのはどこか怖いもの」と教えてくださいました。

今でこそ心スッキリとしております私ですが、信じるということについてはいろいろと悩んだ経験がありました。

それは、師を求めるということにおいてもそうでしたし、それからこの神様(金光教の神様は天地金乃神様と呼ばれております)を信じるということにおいてもそうでした。

金光教の教師が?と、不思議に聞こえるかもしれませんが^^;神様が分からないのです。

金光教の教師となるために養成機関である『金光教学院』というところで1年間生活しました。そこで毎日毎日ご神前で頭を下げるのですが、それこそ周りと合わせて......いつしか、私はいったい何に頭を下げているのだろうか、と。そう思うようになっていったのです。



決意して入学した学院で

全寮制の学院では、毎日毎日、「祈念」「さいそう(掃除)」「食事」「授業」の繰り返しです。

この1年間で神様を分からせていただこうと入学したのですが、日が経つにつれ、どんどんどんどん神様が分からなくなっていく。

分かるだろうと思っていたことが分からない。分かる気がしない。

周りの人は「分かっている」のに、私は「分からない」、そう感じてしまうようになっていました。

金光教の教師にならせていただこうと決意して入学したのにも関わらずです。まったく兆しが見えませんでした。

対象(神様)が見えないものですから、難しいところがあるなぁというのが、正直な気持ちでした。

入学してから半年ぐらい経った頃、「神様???」といよいよ追い詰められたある日、自分の中である決断をしたことがありました。

騙されてもいいからこの神様を信じると決めた

当時の手帳にそう書いてあります。

なぜそこまで思わなければいけなかったのか。当時の気持ちとしては、先々の恐怖がそうさせたのだろうと思っています。



ご縁ある氏子さんに対して

神様が全く分かっていないこの私が、学院を出て教師の免状をもらったところで、そうしてお取次の御用をさせてもらったとしたら、教会にお参りされる氏子さん方に対して申し訳ない。

神様が分からない私が関わることで氏子さんを迷わせてしまい、助からない道へと誘ってしまうのでは、かえって余計なことをしてしまうのでは......そのような気持ちが強かったと思います。だからこそ焦っていました。



決断の決め手

そのときなぜ「騙されてもいいからこの神様を信じると決めた」と決断出来たのかといえば、決め手は「両親」でした。

私の両親は二人とも金光教の教師なのですが、両親が長年されてきた教師というお役、そのお役の中でずーっと信じてこられた「神様」、その神様だからこそ決断出来たと思っています。

そして決断してからは、心が楽になったことを覚えております。

どこかで反発していたのだろうと思います。「分からない」ものをどうしていけばよいのか......不安心配が疑念に変わることもありました。「分からない」ことをこれからしていく恐怖です。

今はそのような神様への疑いや、信仰の道に入る恐怖や、何かに追い込まれるという経験を、実際に経験させていただいて良かったなぁと思っています。

すんなりといくより良かったです。

すんなりといく人などいないと、今でこそ分かりますが、当時は疑心暗鬼にもなり、それすら分かりませんでしたから。

当時の私として、「苦しんで決断させていただいた」という実体験は、これから関わる氏子さんが、ご信心に対して何かを決断するに際して、近い気持ちで寄り添えますから。

そういえば、師の「学院では苦しんだほうが良い」という言葉もとても印象的でした。「そんなもんかなぁ」と聞いておりましたが、たしかに日課をこなす気持ちにはなれませんでした。

苦しんで、苦しんで、がむしゃらに求めていけたのも、自問自答の苦しみがあったればこそだなぁと思います。

信じるというのはどこか怖いもの」実際怖いのです。怖かったです。けれども、信じるものは救われます。はい。

何かを信じていくということには、このような経験がつきものかと、そう感じております。

いかがでしょうか。



 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)




メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.