2015年10月17日土曜日

とても自然な流れのありがたさ

昨日の記事『「変わらないと」言うのと言われるのと大違い』
コメントいただきましたm(_ _)m

とても自然な流れのありがたさ

感じたことを書きます。



「私が変わらないと」と思いながらも
変われない自分を前にして反省している
についてでした。

「私が変わらないと」と
意識するかしないかで
その反省があるかないかで
こちらも大きな違いがある、と
確かにその通りだなぁと
思います。



よく言われるのが
相手を「変える」のは至難の業で
それよりは自分が「変わる」方が...

至難の業ではあるけれども
変わってほしい、
(助かってほしいが多分に含まれますが...)
(助かりたいも含まれますね)
という想いから
どうにか出来ないだろうか
私に何か出来ないだろうか、と
そのように神様に心向ける中で
自分が変わらされていく、
そして結果、相手が「変わることがある」
ということです。
もちろん
相手は「変わらないこと」もありますが、
状況は大きく違っているはずです。。

この流れがとても自然で、
神様もお喜びになることかと
思っています。
基本は『神様に心向けていく』ということです。

そういう意味で、
第一ステップといいますか
「私が変わらないと」と
思うことは
思わないより断然良いですし、
「私が変わらないと」と思いながら
変われない自分を前にして反省するということも、
とてもありがたいことですし、
そのように思えることがまた
ありがたいなぁと
思うのです。

なぜなら
(相手が悪い、私は悪くない)
(相手が変わるべき、私は変わる必要ない)では
「私が変わらないと」
すら頭に浮かんできませんので。。

昨日の投稿でコメントいただいて
私なりに感じたことを書きました。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳


Twitterで須賀院崇徳(@TSugain)をフォローする.フォローしていただけると嬉しいです!



ブログランキングに参加しています.
一日一回応援クリックしていただけると嬉しいです!

メンタルヘルス(全般)ランキングへ




SNSでこの記事をシェアする.
シェアしていただけると嬉しいです!