2015年9月4日金曜日

伝われ~

親の心子知らず
とはよく言ったものです。

伝われ~

様々な方の願いを...


悩みを
やりきれない想いを
聴かせていただく中、
そのような中にも神様のお守りがある
ということを
参拝者に伝わるよう努め
また祈りに祈っていきます。

今日
不思議な心が生まれました。

子に対しての腹立です。

『偏らないように』
とは日々教えていただきながら、
親だけの味方とならぬよう
子だけの味方とならぬよう
どっちつかずにならぬよう
努めてはおりますが、
親の願いを聴きながら
これだけの(縁者が多ければ多いほど)祈りが
込められているのに
本人(子)はどう思っているのだと、
分かっているのかと、
そのような気持ちに
なってしまったのです。
(自分のことは棚にあげております...^^;)
(私も祈られてきたのだなぁとヒシヒシと感じます)


それでも祈るのです。


子(孫)のために。


それが親なのです。


理屈じゃなく、
腹立てながらも
祈るのです。
末で道がつくように。。

それにしても
母親の切なる願いを受けて
展開の見えない現状を鑑みながら
それでもなお「祈りましょう」
と、伝えさせていただきました。
そしてお願いさせていただきます。


この想い、祈り、
「伝われ~」


いかがでしょうか。

・・・・・・

悩みを抱えられている方は
どうぞ参拝&お取次を^^

参拝はちょっと...という方は
電話相談も受け付けております
◇お悩み相談専用ダイヤル◇
044-722-0469
(※参拝者優先.参拝者がある場合出られません)

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳








SNSでこの記事をシェアする.