2015年8月29日土曜日

雑感_心に残る言葉

色々な情報を見聞きしている毎日、
心に留まる言葉や
そのときはスルーしてしまう言葉があり
何が必要かは
自分の判断で物事が動いています。

雑感_心に残る言葉




取捨選択を自分でするリスクを
教えていただいております。

つまみ食いというもの。

これはイイ
これはダメ
と取捨選択は自分でしている。

Twitterのフォロワーだって
Facebookのイイねだって
あたり前ですが自分で取捨選択しています。



いつ頃からか
違和感を持ち始めました。
何か深読みをするようになった。

友達付き合いのそれと
似ているような気がしています。
これを見た○○はどう思うだろうか...
相手との会話が
もう一方を不快にさせたり。
私は友達と遊んでいるのに
その友達が他の友人と長電話をして
一人置いてけぼりのような...
そんな思っていたら何もできなくなるような感覚に
ときたま陥るのです。

その部分を
今、取次者としてのお役と絡めていくと
頭(心)の整理が出来ます。

以前は
SNSで発信していくことで
自分の中をさらけ出すことで、
(このブログもそうです)
(教祖さまのみ教えのわが心から練りだすにも似た...)
私の裏表がなくなり
人付き合いに置いても
うまくいくような気もしていましたが、
どこか違うようにも思えてきました。

キーワードとして
・プロ
・お役
・(取次者に)成り切る
・今の自分からお育ていただいていく

その辺りの言葉から
SNSでの発信が
それこそ軽々と発信するのを
躊躇う自分になってきました。

お取次をさせていただくものとして
それはそれでよいのかとさえ
思えてきますが、
間違いなく自分なのです。
このブログに書いてあることも、
ときおりSNSに発信することも...
だから発信するのは大切だと思います。
発信の仕方
心意気の様にも感じます^^

悪い例えで言えば、
飲み屋で騒いで隣のお客から怒られる
その隣のお客が翌日
「お話聴いてください...」
と教会を訪れる
その取次者が
昨日騒いでいた「お前か」では...
話そうという気になるでしょうか。
祖父がよく言ってました。
『百の説法屁一つ』
という言葉が頭をよぎります。
う~ん。。。

こういうのは
リテラシー
とか
モラルの
範疇なのかもしれませんが、
よく分からずにテンションに任せて発信し
そのようにSNSを使っていると
何か不要な波を生み出さないとも
限らないと
そのようなことを考えております。
昨日の『常にニュートラル』にも関係しますね。

丁寧に発信すれば
当然
時間がかかります。

やはり
一つ一つ丁寧にすることで
相手の心に残るような気もしますが。
相手の心に残る、
それが主目的なのですから。。

発信についての雑感でした。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳