2015年8月11日火曜日

人が変われない理由

人は変われる。
現に私は変わることが出来ました。

人が変われない理由

度々耳にします。
「人はそんな簡単には変われない」

いかがでしょうか。

それは心のどこかで
「変われない」と
信じているのでしょう。
それ以外ないのではないかと感じます。
なぜなら変われるのだから。



ご信心させていただき
師匠から様々なお導きをいただく中
『信じること』や
『心の無駄遣い』
のことなど教えていただいております。

信じるというのはどこか怖いもの
そのようにも教えていただいている通り
ある意味
ストッパーが無いのです。
信じてダメだったら...
まずこれが心の無駄遣いです。

初めから叶わぬなら信じない方が、
これが信じることを阻害する心の動きで
深く深く見ていきますと
心の奥底で
信心てないのですね。
お願いしながら信じてないのです。
「どうせ叶うものか、
今までダメだったのだから」と。

必ずおかげになる
神様がおかげくださる
おかげにしてくださる
大丈夫

何で?どうしてそう言いきれるの?
と言われても
心の無駄遣いはぜずに、
信じているから
それしかありません。

文章で読んでも分かる通り
信じ続けていくということは
言うほど簡単なことではありません。
メンタル的に...
すぐに結果が現れたら良いですが、
結果が現れるのが、
5年後なのか
10年後なのか...
そのぐらいの期間ですから。

けれども信じるのです。
祈り続けるのです。
(祈り続けていくとかならずご褒美があります。そして祈り続けているからこそ、それが何故かすごく嬉しいのです^^)

祈り続けること
それだけは誰にでも出来ることです。
そう強く教えられています。
持続するパワーは必要ですが。。
本当に1日1日。

やはり
一人では難しいです。
だからこそ
取次者がおります。
一緒にさせていただけば良いのです^^



先日も師匠へある氏子のことをお届けすると、
「まだ日はあるのに。」
と、
神様を信じ切れていない私に対して
また神様を、当然のように取次者の言葉を信じ切れていない氏子に対して
とても残念そうな
そのようなニュアンスでお言葉いただきました。

その通りですね。
まだ日はあるのです。

次の手、次の手と、
はやる気持ちは分かりますが
願ったことに対して
必ずやおかげになると信じて
神様がおかげにしてくださると信じて、
落ち着いて祈らせていただけばよいのですね。
はい。



信じるということ
これを繰り返していけば
必ず人は変わります。
変わらないはずがない。

また変わるのに
そんなに時間も必要ではないように思います。
その人が本気になれば、
その時点で変わっているでしょうから^^

人が変われない理由
それは「変われない」と信じているからです。
「変わることが出来る」と
信じれば良いのです。
どうぞ神様と先生を杖にして。。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳