2015年7月26日日曜日

そう、この神様!!


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


そう、この神様!! 
「 いえ、私の神様は○○( 金光教でない神様 )ですから 」

数ヶ月前に教会にはじめてお参りされた彼女、教会玄関に掲げた『 お悩みごと、伺います。 』の看板を見てお参りされました。

そう、この神様!!

第一声『 私はこういうものです 』と、聞けば別の信仰をされている方でした。

続けて、『 こんな私でもお話、聴いていただけますか 』と言われました。『 はいはい、どうぞ^^ 』と、わたしの口をついたのが「サムシンググレート」でした。偉大なる神様はつながっていますから、という意味で言いました。

また、この方がここに来られた意味が何かあるはずだと、ご神意を感じながら、お話を聴かせていただいておりました。

数ヶ月もすると、彼女のクセが見えてきました。思いこむクセと他所へ逃げるクセです。

教祖様のご理解に「あまりの信心」という教えがあります。

日本国中のあらゆる神を、みな信心すると言うが、それはあまりの信心じゃ。人に物を頼むにも、一人に任すと、その人が力を入れて世話をしてくれるが、多くの人に頼めば、相談に暮れて物事はかどらず。大工を雇うても、棟梁がなければならぬ。草木でも芯というたら一つじゃ。神信心もこの一心を出すと、すぐにおかげが受けられる。

教祖さまのみ教え

いろいろな神社仏閣に行き、まじめに信仰していますと言うけれどもそれはあまりの信心、神(仏)に願いが届きにくいというものです。

「 コレ 」と決めていく。「 この神様 」と。その一途さがおかげになるのです。という教え。

「 つまみ食い 」状態

わたしも数年前……いや数ヶ月前まで彼女と同じく、いろいろに彷徨い放浪していたように感じます。

分かりやすく言えば「 つまみ食い 」状態でした。

良いもの( と感じるもの )を拾い集めていました。必死に。けれども、いつだって取捨選択はわたしなのですね。

だから大した成長も出来なかったように感じます。自分の枠から出ない。出ようとしない。理解したものしか取り入れない、理解できないものは平気で捨てていたのです。わたしには必要ないと。

芯が定まっていない感覚、根が張られていない感覚、です。そのようなことを彼女のクセにも感じながら、彼女に今のところをやめて金光教にしなさいよ、と言いました。

答えは「 いえ、私の神様は○○( 金光教でない神様 )ですから 」とハッキリと、もうそれはハッキリと言われました。

この一連のことを師匠にお届けすれば、「無理はいかん」でした(*_*)

師匠の言葉のまま「無理はいかん」「無理はいかん」と、また自分の中で何かが沈下したかのように振り出しに戻ったかのようにあらためて彼女の話をゆっくりと聴き始めました。

それでも来るのです、彼女。彼女は引き続いてお参りされました。

あまり詳しくは言えませんが、彼女の信仰する団体には金光教で言う取次者の存在がありません。ですから悩みを吐露する場がないのです。だから来る。使い分けているようでもありました。

それでも「無理はいかん」と、ひたすら祈りながら、聴かせていただきました。

その部分に救われている、とは本人も言っておりました。けれども「 いえ、私の神様は○○( 金光教でない神様 )ですから 」なのです。見守らせていただきたく思います。( 2016.5.13追記 未だ参拝続かれています^^ )

おわりに

今回のことで、わたしの中でより一層、天地金乃神様( 金光教の主神 )の存在が明らかになったように感じます。

どのような神様でも良いよ(「サムシンググレート」ですね )、というのは一見聞こえは良いですが、十分にあまりの信心に繋がるものだなぁと感じました。教祖様も「この方の神は違う」とハッキリ言われておりますからね。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

あるお取次を通して、感じたことを書かせていただきました。いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
ここをタップ

BLOGRANKING
ここをタップ
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.