2015年5月24日日曜日

『天地金乃神様のご大祭』感じたこと


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳(@TSugain )です。


『天地金乃神様のご大祭』感じたこと
天地金乃神様のご大祭を仕えさせていただいて

『天地金乃神様のご大祭』感じたこと

本日、天地金乃神様のご大祭を仕えさせていただくことが出来ました。

まず一番大きなこととして、様々なお繰り合わせをいただいての中、外殿がいでん( 祭事を仕える場所 )に畳を設置させていただき、新会堂( 築16年目 )になってより、初めての座礼( 祭事一切を正座 )にて祭事を仕えさせていただくことが出来ました。

この一ヶ月、いやこの二週間、本当に不思議なことばかりでした。

師匠にお届けをし、お取次をいただいて、一つ一つとり進めていく中に、様々な方をお引き寄せくださる。御用を通しておかげをいただかれる。私もそのうちの一人でしたが。

大切なことを教えていただきました。御用をされた相手をまずは先生が信じていくこと、相手を信じていく中におかげが現れる、先生から信じられていると感じることで相手が元気をいただき勇気をいただき、そのように教えていただきました。

先生に信じられるということは、神様に信じられるということと地続きのようにも感じました。

とにかく「 頑張ろう 」という気になる。「 出来ない 」と諦めそうなところを、おかげいただかれるのだと感じました。

いのちのことば

祭典後のお話は、金光教常盤台教会 三宅美智雄みやけみちお先生の「いのちのことば」。

道を伝えていく際、どれだけ正しいことを言っていても、どれだけ有難いと言い続けても、伝わらなければ意味がない、伝わらないのは「いのちのことば」ではないから、と教えていただきました。

伝える側の覚悟、心だと。色々と感じさせていただきました。

ご大祭を仕えさせていただいて|宗教家の書くブログ ご大祭を仕えさせていただいて

おわりに

様々にお繰り合わせをいただいたご大祭なのだと改めて感じました。

天地の親神様、教え導いてくださっている恩師へと、厚く御礼申し上げさせていただきます。ありがとうございました。どうぞここからも。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.