2015年5月2日土曜日

力む元

今朝ほど
わが力で御用させていただいていると勘違いしないこと
わが力では何もできない

そのように教えていただきました。

よく参拝された方の
お話を聞かせていただきながら、
神様の範囲と
人間の範囲と
境界線はどこ
と感じております。

実際はいたってシンプルで
一切合切神様のお働きなくして
人間は生きてはいられない
ということです。

ですから境界線を引くこと自体
おこがましいことなのかと思います。

命をいただいて、
各臓器を動かせていただいて、
目覚めて、
様々なことが出来ている
のが実際なのに...

何かをするにしたって、
神様のお働きなくしては...です。

させていただくことは
とても尊いことですが、
知らず知らずに、
我が...我が...と
力んでおります。
力んでしんどくなってます(^^;

神様からご覧なられたら
何とも滑稽なのでしょうね。

ふと我に返るかのように
冒頭の言葉をいただき
あらためて教えていただいては
一つ大きく深呼吸して、
「どうぞここからもよろしくお願いいたします」
と天地の親神様へ
ご祈念させていただきました。

この当たり前の
いたってシンプルな世界観(神と人間)を
いただき続けたいと
切に願っておりますし、
難儀苦しまれている方々に
知っていただきたいとも
願っております。

何事も我が力でやろうとするから
力んで苦しくなってしんどくなって
嫌気がさしてくるのかと
感じております。

どうぞ今日も一日、
よろしくお願い申し上げます。