2014年11月18日火曜日

ワクワクする方へ

「それは間違ってるよ」とか、
「それは正しいんじゃない」とか、
経験されたきたこととして、
道を歩いていった人達に、
よく言われます。

ワクワクする方へ

「それは危ないよ」とも。

とても大事な教訓ですし、
先を案じてくださっているのも
十分に分かります。
心配してくださっていること。

十分に分かるのですが、
神様にお願いしながら、
神様を杖に、
自分で歩んでこそというか
(人の言葉に頼らない意)
そのようなことを
思ったりもするのです。

そこには
危険も伴うものもあるかもしれません。
自分の決めたことも
ときに信じられなくなるかもしれません。
(そのときは神様を信じられていないのでまたお取次を<(_ _)>)

だからこそ
得るものだって
たくさんあるだろうし
何より
歩いている実感や
そこから生まれる感動は
計り知れないものが
あるように想像します。

いかがでしょうか。

例え
先人が言うべき方面に
気をつけなさいと言う方向に
後世のものが進まなかったとしても
「あれだけ言ったのに」
と先人の声が聞こえたとしても
今を生きているのは
紛れもなく
現存する私たちで
お願いしながら
必死に考え
大切なものは何なのかを
考えた結果での
行動であるならば、
納得できるような気がするのです。

その方が
単純に
楽しそうだとも思うのです。

いかがでしょうか。

悩んでいない人などいません。

誰にも
先は分からないのですから。

何事も神様に
お願いしながらですね。

色々な人(間)の声で
いつだって
自分の考えが
揺れてしまいガチです。
そんな現実です(*_*;

神様にお願いしながら、
ワクワクする方へ(^^)

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳




1年前の記事『発信してみること』