2014年10月21日火曜日

神様の実感

命をいただいている…

神様に。

神様の実感

このイコールが、
見えないと、
感じられないと、
信仰は難しいと
思います。

私も以前に
すごく考えました。
そう感じられなかったから(*_*)

親がいる、
親から産まれてくる、というのは
容易に想像出来ます。

その親(祖父母)は…

またその親(曽祖父母)は…

またその親は…

その想いをどこまでも
深めていくことで、
見えない、
感じられないと思っていた神様が、
少しは感じられるのではと
思います。

「神様が分かりません」と
現教主金光様にお伺いすると、
産みの親を有り難く思えれば、
自然と神様が有り難く思えてくる

と教えていただきました。

親を飛び越して、
神様にはたどり着けない。

なぜなら
命の元が
親からだからです。

けれど、
このことも容易ではありません。

ニュースでは
親殺し、を見ることも
多々あります。

親殺し、ということは
神殺し、になるのでは…

人間が神を(*_*)

でも、
そう考えていくことが、
リアルだと思うのです。

何か高いところに
在る神様ではないことに
気がつきます。

私たちの心の中に在る神様。

命の元。

親…

神様…

生かされている自分…

その中での様々な苦悩……

いかがでしょうか。

考えられるときに、
考えておきたいものです。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳




1年前の記事『裏切られても…』