2014年10月17日金曜日

一人で(神様と)しか出来ないこと

生活していると、
一人では出来ないことがあります。
誰かの手を貸りることなど。

一人で(神様と)しか出来ないこと

反対に一人でしか出来ないことも
必ずあると思うのです。

強力なブレイン(会社で言えば社長)がいて、
その流れに乗ることはとても大切なことですが、
一個人として内から練り出していくことも
必要だと思うのです。

成長する過程で、
真似をすることはとても大切です。

真似をする過程においても、
内側から練りだされるものがあってこそ、
個性も出るでしょうし、
やり甲斐が大きく出てくるように
感じています。

教祖金光大神様は、
練りだすことが
成長する過程で必要なことと
教えてくださっています。

信心は話を聞くだけが能でない。
わが心からも練りだすがよい。

と。

成功するか失敗するかは
置いておいて
まずは実践してみて、
自分の実体験で練りだしていくこと。

ひねり出す、というぐらいですから、
練りだす、ということは
とても労力のいることかと
感じています。

これが一人でしか出来ないことだと思うのです。

正確には、
心中、心落ち着けて、
神様に心向け
練りださせていただく
と、いうことかと思いますが、
分からない、
スッキリしない、
真似をしていても先に進んでいる気がしない、
有り難く感じない…などなど、
それぞれの壁にぶつかるとき、
練りだすという時間が、手間が
必要だと思うのです。

繰り返しますが、
これは一人で(神様と)しか出来ないことかと
感じています。

いかがでしょうか。

このブログも練りだす場と
感じています。

必ずやった人にしか分からない世界は
どこにでもあると思うのです。
大切なのは
練りだすことです。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『「言われなくても分かってる」』