2014年10月16日木曜日

不安定はしんどい

今日一日、
今日一日と願っています。
助かるように...
立ち行くように...と。

不安定はしんどい

明日は分かりません。

願うことが出来ること。

そのことの有り難さを
実感しつつあります。

願うということは、
神様にこちらからの心が
向かっているわけで、
前向きと思います。

願うことすら
思い浮かばずに
右往左往している方も
いるのです。
私もそうでした。

前向きではありません。

何も信じられるものがなく、
自分が今まで積み上げてきたことに対しても
疑心暗鬼に陥ってしまうことが
往々にあるのだと思うのです。

信じるものがないこと、
とても不安定なことです。

心の拠り所がないこと、
とても不安定なことです。

誰かの言葉で
すぐに揺らぎます。
不安定なのですから。

いつだって
揺さぶられる、
しんどいですね、
辛いことだと思います。


ご信心により
心の拠り所は
明確となります。


見えない神様に
向かっていくのですが、
それを現してくれる人は
多くいます。
(その現してくれる人が信じられるかが一番の悩みですが^^;)

私も、
宗教者の一人として、
悩み苦しんでいる方の
いつだって不安定な方の
心の拠り所となる神様の方向を
指し示すことが出来るように
日々精進していきたいと
思っています。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『食わず嫌いの自覚』