2014年10月15日水曜日

神様の後押し

願うことの大切さを
あらためて感じております。

神様の後押し

「〇〇みたいになりたい」
「こ~したい」「あ~したい」
などなど。

願望ですね。

人間生きていれば
様々な願望があると思います。

金光教では、
その願望の中でも
人のお役に立つものか
そうでないもの(我情我欲)かに
分かれているように
そのように
教えられていると理解しています。

教祖金光大神様は、
ある信者が、
欲を捨てることについておたずねした時、
いやいや、私にも欲がある。
世界の人を助けたい欲がある。
欲を捨ててはいけない

と仰ったそうです。

人を助けたい...
人のお役に立ちたい...
そのために自分がお育ていただきたい...
このような流れの願望は
大いに神様が後押しして下さるものと
教えられていますし
経験的にもそう思います。

前向きな願望なのでしょうか。

後ろめたさがない^^

願うことの大切さです。

そもそも
願うことが出来るというのも
とても有り難いことなのですよね。
そのように有り難いところは
グルグルと周り感じられます。

お繰り合わせの中です。
神様が繰り合わせてくださる。
どんな厳しい状況であろうとも。

まずはこちらが
ご信心の先に願いを持ち
神様と共にさせていただくことですね。

氏子あっての神
神あっての氏子
あいよかけよで立ち行く


有り難い世界ですm(_ _)m

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『喜びとお礼がつながっていく』