2014年9月21日日曜日

お繰り合わせについて

『繰り合わせ』意味

時間やスケジュールの都合をつけること
〈http://www.weblio.jp/content/%E7%B9%B0%E3%82%8A%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B〉(アクセス:2014年9月21日)
とあります。

お繰り合わせについて

ご信心させていただく中
「諸々のお繰り合わせをいただく」
と言われますが、
繰り合わせの意味のように
時間にも
スケジュールにも
都合をつけることですが、
この都合をつけるというのが
自分というよりも
神様につけていただく
という捉え方だと
感じています。

「えっ」と感じる方も
いらっしゃるかもしれませんが
そうなのです。

都合をつけるのも
自分ではどうしようもない
というのが
本当のことかと
思います。

例えば
時間の都合も
いかがでしょうか。

まず自分の体調
心、予定をさせていただく心です。
それから身体、
寝込んでいては出来ませんね。
それから周りの協力、
周りは周りで
お繰り合わせをいただくなど...
考えれば考えるほど
奇跡の連続に
気付くのではないのでしょうか。

電車の乗り継ぎにしたって
予定通りに電車が来るのが
あたり前になっているかも
しれませんが、
そんなことないですね。

事故があれば
遅れるのです。

このことも
お繰り合わせをいただいているのです。
電車を運転しているのは
人間です。
だったら
その方のお繰り合わせもいただき
私たちは電車に
乗れている...
と言った方が
本当のことかと思います。

奇跡なのです。
全てが。
しっかりと神様から
お繰り合わせをいただかなければ
生きてさえいけない
私たちです。

そういう意味では
『お繰り合わせ』
繰り合わせの意味とは
少々違っているのかもしれません。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『グッと信心辛抱』