2014年8月6日水曜日

信心辛抱(しんじんしんぼう)


信心辛抱(しんじんしんぼう)

ある方のお届けですが、
以前精神的に追い詰められ
一人で考え悩み苦しみ
そうする中
ご縁いただいて
教会参拝に繋がり
お取次を願う中
病院にもお世話になり
お薬もいただき
少しずつ良くなられていきました。
・・・
先日、
知人からすごく理不尽なことを言われ
「絶対私は悪くない」
と思いながら
けれども心臓がバクバクしてしまい、
突然昔のことが頭をよぎり
怖くなってしまったと
お届けになりました。

ここで大きく変わったことは
お参りが出来ること
お届けが出来ること
祈ることが出来ること
だと思います。

以前は一人悶々と考え抜いてた。
答えは出ないのですが...

今は取次願うことが出来る

これは大きな違いです。

信心辛抱
ただの我慢ではありません。
神様に心向け
神様と共に辛抱させていただく
ということです。

そうして辛抱させていただいた先に
道がついてくる
おかげがいただけると信じています。

なんと、その方は
理不尽な方に
謝ることが出来ました。
周りの方も驚かれたそうです。
けれども本人の心臓はバクバクなのですが...
数日後、
その理不尽なことを言われた方が
自分の非を認め謝罪されたと
後にお届けされました。
あらためて御礼のお届けをされていました。
ありがたいことです。

信心辛抱

日々、
なかなかすぐには
解決しないことが多いですので
気をもむことはあるかと思いますが、
神様に心向けながら
一日一日、神様と共に
辛抱させていただくと
ありがたいおかげに繋がってきます。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『感動の毎日へ』