2014年7月7日月曜日

生きていくために必要なもの

親が子に抱く感情…
無くなることはありません。
無くなるとしたら、
動物が絶滅するときかも
しれませんが。

生きていくために必要なもの

この終わらない感情により、
私たちは生かされて
生きていくのだと
思います。

愛されて、
認められて、
受け入れられて、
そうして成長して、
自分を保っていくのかも
しれません。

感じられなかった方は、
感じられるように、
お願いさせていただきます。

実の親から感じられないといって、
諦めることはありません。

金光教でのお取次では、
親が子に抱く感情を、
とことん教えていただけます。
ときに言葉ではなく、
空気で、雰囲気で。

教祖金光大神様は、
信心するものとせぬ者とでは、
親のある子とない子の違いがある

と教えてくださっています。

神様が親で
私たち人間が子、
そうして終わらない世界に
生かされて生きている今の今を
とことん教えていただけるのです。

そうすることで、
助かっていくのです。
愛されるから、
認められるから、
受け入れられるから、です。

いかがでしょうか。
とても大切なところです。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『怯え-カッコ付きの本音-』