2014年7月25日金曜日

不公平だと感じてしまったら

腹を立てることは
苦しいことです。

不公平だと感じてしまったら

腹を立てる原因が、
原因の一つである周りが変われば
もちろん喜ばしいことですが、
なかなか変わらないものかと
思います。

変わらないから、
どんどん諦めの心が
生まれてきます。
しょうがない、と。
しょうがない、と
割り切ったのに、
また次の日は次の日で、
嫌〜なことに
遭遇します。

この状況に
しっかりと向き合うことが、
唯一の解決策であると
確信しています。

教祖金光大神様は、
おかげは和賀心にあり
と教えてくださっています。

腹が立ってしまう原因、
原因の一つでもある周りを
諦めてしまえば、
結局は受け入れられない自分の心をも
諦めてしまうことに
つながります。

これは受け入れられない、
どうやったって相手が悪い、
誰がどうみても…
そうなのですが、
腹が立つ気持ちも分かりますが、
苦しいのはいつだって
腹を立てている自分なのです。

腹を立てさせている周りは
苦しくもありません。
腹が立ってないのですから。

しょうがない、と
諦めてしまう状況。

ここで神様に願うのです。

自分で出来ないからなおさらに。
願う中で展開(おかげ)を
いただけます。
分からせてくださいます。
苦しいのは
いつだって
腹を立てている
自分だということに。
気付いただけでも
すごく楽になります。
不公平と思っているのも
自分、
結局基準も
自分ですね。

おかげは和賀心にあり

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『そのままでも良いですか?』