2014年7月11日金曜日

伝わり助かるまで

伝わらなければ...

伝わり助かるまで

どんなに良い宗教でも、
どんなに良い教えでも、
伝わらなければと、
切に思います。

ある投稿で、
カッコ良さを求めるがあまり、
使いづらくなった器具に、
デザイン性を無視した対応がなされている写真を
目にしました。

結局、
商品ならば
使いやすさが重要であり
その次にデザイン性も
加えられるといった
順序かと思うのです。

宗教でも同じことだなぁ
と思わせていただきました。

教祖金光大神様は、
人が助かりさえすれば、それでよい
と教えてくださいました。

人が助かりさえすれば...
裏を返せば
人が助かってなければ
意味がないわけです。
どんなに良い宗教でも、
どんなに良い教えでも...

道は人が開け、おかげは神が授ける
とも、教えられています。

どんなにか良い宗教を
伝えていくこと、
どんなにか良い教えを
伝えていくこと、
そして人が助かっていくことです。

「生きてて良かったぁ」
「人(他人)の助かりのために...」
と腹の底から
思えるように、
お願いしながら
進めさせていただきたいと
思います。

よろしくお願い申し上げます。

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『でもな~』