2014年6月9日月曜日

自分の汚いところを見ていく過程で

ご信心させていただき、
何が変わったかと言えば、
謙虚に生きるようになったと
思います。

自分の汚いところを見ていく過程で

今までの
傲慢さが故
ぶつかってきた事どもからは
解放され、
外からの刺激を感じなくなるにつれ、
今度は
内側から出て来る
汚い自分に出会うことと
なりました。

この汚い自分というのも
ご信心させていただく前までは
見ようとはしなかった。
むしろ周りが悪いという感覚で
自分の非に向き合おうとはせず
ことある事に周りを否定し
自己を肯定していたように
感じています。

自分の汚いところを見ていく過程、
これが正直しんどいのですが、
このどうしようも汚い自分に
向かい合うことによって、
より深い人間味を帯びた
人間になれるようにと
感じています。

ご信心をさせていただくと、
自分に向き合う教えが
多くあります。
(良い宗教であれば大概がそうでしょうが...)

おかげは和賀心にあり
見ること見ること自分を見ること
用心せよ、わが心の鬼がわが身を責めるぞ
などなど...

全くもって
周りは関係ないのですね。

関係があるように思うのです。
学校も、
社会も、
家庭ですら、
私と、私の周りとに別れるわけですが、
大概は、
他に問題があるから、
変な人がいるから、
自分が苦しめられている
と考えてしまうのではないでしょうか。

信心させていただけば、
そこが180度変わります。

何てことはない、
一番の問題は、
変な人?や環境そのものを、
受け止められない自分なのだと
気付かされると思います。

そしてなにより
有難いことが(金光教の)、
周りに非があると思ってしまう
受け止められない自分を
ダメだとは教えられていないところです。
とても
有難いところだと思います。
否定されていません。

親と子ですから、
困っている子供がいたら、
可哀想だな~とは思います。
助かってくれと、
どこまでも慈愛に満ちた
心持ちで迎えられているように
感じさせていただけているのです。

本当に有難いことです。

とても大きな安心感、
親の愛情に包まれているように
感じています。
ご信心あればこそです。

自分の汚いところを見ていく過程で
ご信心を離してしまう人が
多くいらっしゃいます。
そこを乗り越えてこそ...
助かってくれよ、です。

いかがでしょうか。
どうぞ...

 この記事を書いた人
 須賀院 崇徳





1年前の記事『AKB48選抜総選挙から』