2014年4月22日火曜日

思い通りにいかないときこそ


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


思い通りにいかないときこそ
思い通りにいかないときこそ

思い通りにいかないときこそ

思い通りにいかないときを|宗教家の書くブログ 思い通りにいかないときを

↑以前書いた記事に加筆してみました。

思い通りにことが進まないこと、生きていれば様々な場面であることかと思います。

また、自分の中で思い通りにいっていたことがよくよく聞いてみると、誰かの我慢の上に成り立っていたり……、あとで聞くと落ち込みもします^^;

教祖さまは、『難儀なことが起こってきたらそれはめぐりのお取り払いである』と、教えてくださっています。

思い通りにいかないときこそ、成長を見出せるチャンスなのかもしれません。誰の成長かは、もちろん自分の成長です。

「 そんなものならいらない…… 」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような姿勢ではいつまでたっても思い通りにいかないことが起こってきても、そのことに対して腹を立て続けることになります。

思い通りにいくことこそが、良いことだと思うから、だからそうならなかったときに腹が立ちますね。

思い通りにいかないのが人生、分かってはいても、いざ思い通りにいかない場面に遭遇すると面白いほど腹が立つものです^^;

誰もが経験あることではないでしょうか。

一方で、よりよく、よりよく、思い通りに、思い通りにと願い続けていることも、これも誰もが経験していることかと思います。

この思い続ける、願い続ける中に、自分の改まるところを見出せる場面が現れるのです。

落ち着いて考えてみたら「 こんなことに腹が立ってたのか 」や、「 こんなに腹を立てなくとも良かったな 」など、少し頭を冷やせば浮かぶのではないでしょうか。

ここに改まる伸びしろがあるように思います。

思い通りにいかないときこそ、そのような場面が来たら、「 これか!やっと来た^^ 」「 そうだ、改まり、改まり 」と思えるくらいに過ごさせていただくと、すべてはお願いしながらですが、ことが展開していくように思うのです。

そして、人としてお育ていただけると思います。

いかがでしょうか。

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.