2014年4月20日日曜日

今日も明日も伝え続ける

伝えたいことを
伝え続けるということは、
とても大切なことと
思います。

今日も明日も伝え続ける

あたり前のことなのですが^^;
伝えられている方は
伝える側が
途切れたり、
方向転換すると、
迷ってしまうものだと
あらためて
感じさせていただきました。

伝える側が
伝えられる側に対して、
「この人は分かってるだろう」
または、相手に気をつかって、
「これ以上言ってもしつこいかな」
などと、
少し遠回りに、
聞きようによっては
分かりづらくなってしまうことが、
迷いを引き起こすのだなと
感じたのです。
私も気をつかうその境地に
よく陥ります^^;

生神金光大神様は、
今月今日でたのめい
と、教えてくださっています。

今月今日とは、
今日の今日、只今ということです。

今日頼んだのだから
次は明後日に頼もう、
ではなくて、
今日も明日も頼むということ。
また一瞬一瞬でいえば、
只今頼んだからまた数時間後
ではなくて、です。

伝えることも
同じことかと思えるように
なりました。
今、只今伝えても、
明日も明後日も
伝え続ける中に、
伝えられる側へ
伝える側にも
染み渡っていくものが
あるのかと
思います。

そして、伝えるのは
こちらの領分で、
伝わるのは
あちらの領分です。
このことも
しっかりと意識しつつ、
これからも
出来る限りで、
伝えさせていただきたく
思います。

いかがでしょうか。

どうぞ...
(副教会長 須賀院崇徳)



各項目1年前の記事...『無意識の殺人』