2014年4月16日水曜日

学生さんの頭が…

一つのことが気になると、
他のことを考えられなく
なります。
よくあります^^;

学生さんの頭が…

人間には
神様から五感が与えられ、
音や臭いや、
目に見えるもの、
背中から感じることでも、
気になりだすと、
集中出来なくなるように
思います。

たった今(電車内)も隣では、
お疲れの学生さんが、
今にも倒れんがばかりに、
頭をカクカクさせています。
これも非常に気になります。

ここで、
イライラしないことが
とても大切なことと
思います。

この文章のように、
「疲れてるんだなぁ」
と、思えたら
ありがたいかぎりですが、
「せっかく座れたのに鬱陶しいな」と
思ってしまったら、
まさに腹が立つ入口に
足を踏み込んでいるように
思うのです。
まさに入口に。

腹立ちは、腹立ちを生みます。

どんどんどんどん
腹が立ってくるものです。
終いには、
イライラしている自分にも
腹が立ってきます。
そして、
どうしようもなくなってくるのです。

生神金光大神様は、
腹立てば心の鏡のくもること
と教えてくださっています。
また、
人の悪口を言う者がよくある。
もし、その場にいたら、
なるべく逃げよ。陰で人を助けよ。
陰で人を助けておけば、
おのずと神の恵みがある

とも教えてくださっています。

私は、席を立ちました。
ここでの人の悪口を言う者は、
私だと思ったからです。
まさに腹を立て
悪口を言いそうになる
その場から逃げました。

そしてそのあとは
その学生さんが極力
人に迷惑をかけないように
お願いさせていただきました。

私が座っていた席に
別の方が座られました。

しばらくして目をやると
ありがたいことに
何と、学生の頭が止まっていました。
ありがたいことです。
御礼申し上げました。

あのままずっと座っていたら、
学生さんの頭のカクカクに
私は腹を立て続けていたかも
しれません。

ほんの少しのことです。
やるかやらないかは
私たちに課せられたことです。

いかがでしょうか。

どうぞ...
(副教会長 須賀院崇徳)



各項目1年前の記事...『やってはじめて』