2014年4月14日月曜日

その時は都合が悪いようでも

もしかすると、
すごいおかげを
いただき続けているのかも
しれません。みな。

その時は都合が悪いようでも

気付いていないだけ。

そう感じます。

生神金光大神様は、
ご信心しておれば、
その時は都合が悪いようでも、
神様の仰せにそむかずにおると、
後になってから、あれもおかげじゃった、
これもおかげじゃったということが
分かってくる。
これが分かるくらいの信心をせねば、
信心するかいがないぞ。

と、教えてくださっています。

気付いていないだけかもしれません。

ふと、おかげをいただいている
そんな錯覚めいた気分にも
なります。
けれど錯覚でも何でもなく
言われてみて気付くことが
山のようにあることに
気が付きます。

そのことどもを
聞いていると、
心が穏やかになってくるのは
思い分けが
出来てくるからであろうと
思います。

先日のお届けです。
足が痛い、足が痛いと申しておりましたが、
先日からお届けさせていただいた
仕事先のご都合いただいておったから、
今こうして時間をかけて
養生出来るんですね。
御祈念しながら、
しみじみとお繰り合わせを感じました

おもむろに
そう言われてました。

聴かせていただき
本当だなぁと
思わせていただきました。

いかがでしょうか。

どうぞ...
(副教会長 須賀院崇徳)



各項目1年前の記事...『願い続ける』