2014年3月27日木曜日

内省できるように距離を置いてみる


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


内省できるように距離を置いてみる
内省できるように距離を置いてみる

内省できるように距離を置いてみる

他人の悪口を聞くことや、腹が立って自分自身が悪口を言うことがあります。その時はスッキリするかもしれません。けれど……。

悪口にあげられることとして、悪く思うということは他人の欠点が良いところよりたくさん見える状態、ということかと思います。

また自分の非を認めないことも大きな要因かと思います。あいつは間違っている、と。

また「 あの人は生理的に受け付けない 」などでは、相手の悪いところしか見えませんね。仕方ないことなのかもしれませんが。

それでも、良いところを見ていく稽古。難しいようですが、無理ではないと思うのです。

金光教の教祖・生神金光大神様は、

人の悪いことをよう言うものがある。そこにもしおったら、なるだけ逃げよ。陰で人を助けよ。

教祖さまのみ教え

と、教えてくださっています。

距離を置くということです。嫌な人が目の前にいたら冷静な判断が出来なくなってしまうから、その人から距離を置くことで思い返しが出来てあらためて考えられるということです。

思い返しをすることで、最初はまったくもって許せなかった相手でも、「 分からせてください 」「 あの人の良いところを分からせてください 」と願っていくうちに、「 自分も悪かったな 」と自己反省出来たりして、楽になると思います。

冷静に、冷静に考えてみると、自分の言動は筋が通っていて何も間違っていないと思うことでさえも、それでも「 ちょっと言い過ぎたな 」とか、「 もう少しあの人のことを理解しようとすればよかった 」など、思いが至るようになるかと思います。そう出来たら本当に楽です。

正解・不正解では、どこまでいっても腹立ちは止まりません。立ち行かないのでしょう。腹立ちは苦しむもとですから。

相手を許せるかどうか……、そして、腹が立ってしまう自分さえも許せるかどうか……。

まずは距離を置いてみることです。距離を置いたところで安堵せず、お願いし続けていくことです。それが大事。

いかがでしょうか。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.