2014年3月10日月曜日

聴いてもらえている


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


聴いてもらえている
聴いてもらえている

聴いてもらえている

お参りされる氏子の話を聴かせていただきながら、苦しみの表情から笑顔になっていく過程で今まで話を聴いてもらえていなかったのだなぁとつくづく思わせられます。

「 何とか助かってもらいたい 」の思いのもとに聴かせていただくこちらが、本当に正しいことを良かれと思ってぶつけても「 良いこと言った 」で終わり。

それは聴いている方の落ち着きを生むだけで、当の当人、聴いてもらいたい側にとってみたら「 はぁ、またここでも話を聴いてもらえていない 」という感情だけ残るのだと思うようにもなりました。

先日も話を聴かせていただく中で、否定もせず肯定もせず、ただただその方の話をそのままに聴き、そうして一時間経って少し話をさせていただくことがありました。

そして、最後には「 ありがとう。ありがとう 」と言われたことがすべてを物語っているように感じています。

正しいことを伝えるのはそれからでも遅くない。かえって急ぎすぎると聴く相手が本当にみ教えを聞かなければいけない相手が「 聴いてもらえない 」と、目の前を去っていってしまいますので。

ここからも、じっくりと焦らずに聴かせていただきたいと思います。

「 よくずっと聴いてられますね 」なんて言われたこともありますが、何か相手が助かることを言わなければと焦っていた頃よりは、幾分僕の心は軽くなっているのです。

「 それしか出来ないですけど、時間を使って聴かせていただくことは僕にも出来ますから^^ 」と言わせていただきました。

「 聴いてもらえている 」というのは実感としてあります。あるんです。

目の前で聞いていても、聴いてもらえてないというのも、いくらでもあるものなのですね。

いかがでしょうか。

よく傾聴をされる方は知っておいた方がよいこと|思いもよらなかった心理について|宗教家の書くブログ よく傾聴をされる方は知っておいた方がよいこと|思いもよらなかった心理について

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.