2014年3月1日土曜日

若先生お話しシリーズ


おはようございます。宗教家の須賀院崇徳( @TSugain )です。


若先生お話しシリーズ
決定権があるようで……

決定権があるようで……

毎日、毎日、意識的にも無意識的にも、選択と決定とを繰り返しながら生きているのではないでしょうか、誰もが。

今朝のご飯は何を食べようから、洋服は何を着ようなど。また、仕事でももちろん選択・決定を繰り返しながら物事を進めてますね。

しかし、いつだって選択出来るどんな状況であろうとも、決定出来ると強く思ったとしても、人間の一生は常に一定であるとは限らないものです。そのことを強く思います。

考えてみても、生まれてから物心がつくまで、それこそすべてにお世話になって、おむつを替えてもらったりだとかそういう時期を経て今があるのですから。

そう考えると、何だって選択・決定が出来るというのは、ただ現在のことだけであって、いつ何時100%誰かのお世話になるかもしれないのが、人間、本当のことだと思います。

金光教の教祖・生神金光大神様は、

すべて、神の徳を十分に受けようと思えば、ままよという心を出さねばおかげは受けられぬ。ままよとは何か。死んでもままよのことぞ。

教祖さまのみ教え

と教えてくださっています。

とても難しいことかもしれません。ですが、すべてを神様に委ねるということ。

それでもすべてを委ねた後は( これも決定ですね )、親が子を抱くがごとく暖かく包まれるようなそんな安心感を得られるのではないかと、ご信心いただく今そう思えるのです。

ずいぶんと生き易くなりました。いかがでしょうか。

おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと|宗教家の書くブログ おかげをいただくためには理解しておいた方がよいと思うこと

 この記事を書いた人
須賀院崇徳(すがいんたかのり)

*twitterでも毎日1回はつぶやいてます。


メールdeお取次
実際にお取次を受けてみる

BLOGRANKING
投票者になる
投票は1回/日 有効です.
応援ありがとうございます.


シェアしていただけると嬉しいです.